化合物バンク

長田裕之
統括責任者
長田裕之主任研究員

近年我が国でも、化学物質を出発点として生命現象の解明を目指す研究分野「ケミカルバイオロジー」が注目されており、最新の化合物合成技術を使用した、ゲノム研究、プロテオミクス研究との融合が図られています。

理化学研究所・長田抗生物質研究室では、研究室内外で合成された化合物や、放線菌の二次代謝産物をはじめとする天然物の収集・保管、機器分析スペクトルなどをデータベース化し、これらを提供するシステムの構築を行っています。

ヒトゲノムの塩基配列の解読を行う「ヒトゲノムプロジェクト」や、タンパク質の立体構造解析を行うことを目標とした「タンパク3000プロジェクト」といった生命科学分野の研究成果によって生物情報のデータベースは整備されてきました。
これと並んで、化合物の構造データ、単離・合成法、生物活性情報などをまとめた化合物データベースや、化合物を収集する働きを持った「化合物データバンク」の整備をする必要性は益々高まってきています。

NPDepoでは、被験化合物を必要としている研究者が多くの化合物を利用できるよう、多様性のあるライブラリー構築を目指しています。

追加情報